厚木市最大のイベント「あつぎ鮎まつり」、神奈川県下最大のダンスコンテスト大会「DanceLegend(ダンスレジェンド)」を主管する厚木商工会議所青年部は、若手経営者の育成をはじめとして、地域社会の商工業の向上を図り、地域の発展を目的として活動を行っています。

会員規程

厚木商工会議所青年部規程

 (目   的)
第 1 条 本青年部は、会員相互の親睦と連携を密にし、企業経営者としての研鑚をつみ、厚木商工会議所の事業活動への参画、協力を通じて地区内における商工業の振興を図り、兼ねて社会の一般の福祉の増進に資することを目的とする。
(名   称)
第 2 条 本青年部は、厚木商工会議所青年部(以下「青年部」という。)と称する。
(事   業)
第 3 条 青年部は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 会員相互の親睦と研鑚のための事業を行う。
(2) 青年部としての意見を厚木商工会議所会頭に上申する。
(3) 厚木商工会議所等の諮問に応じて答申する。
(4) 商工業に関する調査研究を行う。
(5) 商工業に関する情報、資料の収集及び提供を行う。
(6) 商工業の振興及び社会一般の福祉に寄与する行事を開催し、又はこれらの開催に協力する。
(7) 厚木商工会議所等から委託された事業を行う。
(8) 関係諸団体との連絡、協調をはかる。
(9) 前各号に掲げるもののほか、青年部の目的を達成するために必要な事業を行う。
(会員の資格)
第 4 条 会員は、厚木商工会議所の会員(法人・個人)であり商工業を営む経営者、又は管理者で満20才以上、満45歳以下の品格ある青年でなければならない。
2 入会については、所定の手続きにより申し込み、入会の諾否は、役員会の決定による。
(会   費)
第 5 条 会員は、毎年所定の納期に会費を納入しなければならない。
2 会費の金額並びにその振込の方法は、役員会の議決を経て別に定める。
第 6 条 退会を希望する会員は、退会届を提出し、役員会の承認を得なければならない。
(除   名)
第 7 条 会員が次の各号に該当するときは、総会の議決により除名することができる。
(1) 厚木商工会議所の目的に反する行為を行ったとき、又は体面を傷つけたとき。
(2) 会費納入義務を履行しないとき。
(3) その他会員として適当でないと認められるとき。
(役   員)
第 8 条 青年部に、次の役員を置く。
(1) 会  長  1  名
(2) 副 会 長  若 干 名
(3) 理  事  若 干 名
(4) 監  事  2  名
(役員の任免)
第 9 条 役員は、総会において会員の中から選任し、又は解任する。
(役員の任期)
第10条 役員の任期は、2年とする。その期間は役員改選の年の4月1日から2年後の3月31日までとする。
2 役員は、再任されることができる。
3 補欠役員の任期は、前任者の任期間とする。
4 役員は、任期終了後、会長に事故があるときは、その職務を行うものとする。
(役員の職務)
第11条 会長は、青年部を代表し、会務を総理し、総会及び役員会を招集してその議長となる。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行し、担当する委員会を掌握する。
3 理事は、会長及び副会長を補佐し、部務を処理する。
4 監事は、青年部の業務及び経理を監査し、その監査の結果を総会に報告する。
(総会の種類及び招集)
第12条 総会は、定時総会と臨時総会とする。
2 定時総会は、毎年4月、臨時総会は第3項に規定する場合のほか、会長が必要と認めた ときに開催する。
3 会員が総会員の5分の1以上の同意を得て、会議の目的たる事項及び召集の理由を記載した書面を会長に提出して、総会の招集を請求したときは、会長は、その請求のあった日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。
4 総会を招集するためには、会議の目的たる事項及びその内容並びに日時場所を記載した書面をもって、会日の7日前までに会員に通知しなければならない。
5 総会にやむを得ない理由で出席できない会員は、委任状を会日前までに提出しなければならない。
(総会の成立及び議決)
第13条 総会は、委任状を含む会員の過半数の出席をもって成立し、その議決は出席会員の過半数で決するものとし、可否同数のときは、議長がこれを決する。ただし、規程の改正は、出席会員の3分の2以上の同意を得なければならない。
(総会の決議事項)
第14条 次に掲げる事項は、会員総会の議決を経なければならない。
(1) 規程の改正
(2) 役員の選任及び解任
(3) 事業計画及び収支予算の決定及び変更
(4) 事業報告及び収支決算の承認
(5) その他青年部事業の執行について必要な事項
(役 員 会)
第15条 青年部に、役員会を置く。
2 役員会は、会長、副会長及び理事をもって組織する。
3 監事は、役員会に出席して意見を述べることができる。
4 役員会は、会長が必要あると認めるとき召集する。
5 役員会は、役員の過半数の出席をもって成立し、その議決は、出席役員の過半数をもって決するものとし、可否同数のときは議長がこれを決する。
(役員会の決議事項)
第16条 次に掲げる事項は、役員会の議決を経なければならない。
(1) 総会に提案すべき事項
(2) 会員の加入の諾否
(3) 委員会に関する事項
(4) 顧問の委嘱の承認
(5) 青年部運営に関する事項
(委員会の設置)
第17条 青年部に、その目的達成に必要な委員会を置くことができる。
(委員会の組織等)
第18条 委員会に委員長1名、副委員長及び委員若干名を置く。
2 委員長、副委員長及び委員は、会長が役員会の承認を得て委嘱する。
(顧   問)
第19条 青年部に、顧問を置くことができる。
2 顧問は、会長が役員会の承認を得て委嘱する。

3 顧問は、青年部の目的達成について必要な重要事項について会長の諮問に応ずる。
4 顧問の任期は、第10条第1項の規定を準用する。
(事業年度)
第20条 青年部の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。
(収   入)
第21条 青年部の経費は、会費、助成金その他の収入をもってこれにあてる。
(規程その他書類の備付)
第22条 会長は、規程、諸内規、議事録及び会員名簿を事務局に備えておかなければならない。
(事務局)
第23条 青年部の事務局は、厚木商工会議所内に置く。
(委   任)
第24条 その他必要な事項は、役員会の承認を経て会長が別に定める。

附   則

 (実施の時期)
1.この規程は、昭和63年4月1日から施行する。
2.厚木商工会議所青年部規則(昭和60年9月1日規則第6号)は、廃止する。
3.この規程施行の際、現に会員であるものは、この規程に基づき入会したものとみなす。

附   則

 (実施の時期)
1.第8条(役員)の改正規程は、平成21年4月1日から実施する。

厚木商工会議所青年部慶弔規程

(目 的)
第 1 条 本規程は、厚木商工会議所青年部会員の慶祝金及び弔慰金を給付することを目的とする。
(給付額)
第 2 条 慶祝金及び弔慰金の給付額は、次に定める額とする。
 (1) 慶祝金
   ①本人結婚     祝金10,000円を給付する。
   ②本人配偶者出産  第一子出産に対して祝金5,000円を給付する。
 (2) 弔慰金
   ①本人死亡     香典10,000円及び供花
   ②配偶者死亡    香典 5,000円
   ③子死亡      香典 5,000円
   ④本人の父母死亡  香典 5,000円
(特別事由)
第 3 条 この他、特別な事由による慶祝金及び弔慰金の給付については、会長が必要と
    認めた場合、正副会長協議の上、決定し給付することができる。
(その他)
第 4 条 本慶祝金及び弔慰金の返礼は不要とする。

    附   則
1.この規程は、平成19年1月24日から施行する。

お気軽にお問合せください TEL 046-221-2153

PAGETOP
Copyright © 厚木商工会議所青年部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.