厚木YEGとは

厚木YEGとは

「YEG」とは、「Young Entrepreneurs Group(若き企業家集団)」の頭文字をとったものです。

商工会議所青年部の持つコンセプト「若さ・情熱・広い視野(Youth, Energy, Generalist)」を持った経営者という意味も、同時に表現しています
企業経営について情報交換をし、学びあい、会員同士の交流を深め、ひいては厚木市のために我々の英知と若さを生かすことができるよう、志高く常に邁進してゆく所存です。

厚木YEGは創設38年目(2019年度)を迎え、現在約80名のメンバーが所属し、会長・副会長を中心に4つの委員会(総務委員会、研修委員会、企画委員会、広報・渉外委員会)を組織し、月に1度以上の各委員会活動の他、定例会として「研修会」を実施しております。

また、神奈川県最大級の花火大会が開催される「あつぎ鮎まつり in 厚木中央公園」の催事、同日程で開催される、日本一のダンスイベントを目指す「DanceLegend(ダンスレジェンド)」など、厚木市内で行われるイベントの企画・制作。
そして、「若手経営者塾」といった勉強会や、厚木市内の高校生・就活生・企業の橋渡しとして、「意見交換会・模擬面接」の実施など、各方面に渡る文化活動を通じて会員同士の友情や結束を深めている団体です。

入会は随時募集しております。

お知り合いの青年部会員、もしくは直接事務所までご連絡ください。
当ホームページからもお問い合わせいただけます。

お問い合わせは
こちら

綱領・指針・商工会議所青年部の歌

綱領

商工会議所青年部は

地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い

次代への先導者としての責任を自覚し

地域の経済的発展の支えとなり

新しい文化的創造をもって

豊かで住みよい郷土づくりに貢献する。

指針

われわれ青年部は

一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう

一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう

一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう

一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩(ほ)を進めよう

一、行動こそ時代を先駆けるべき 青年の責務と信じ 力を合わせ 国の礎(いしずえ)となろう

商工会議所青年部の歌 『伸びゆく大地』

作詞 石井耕二  作曲 石井 歡 

一  伸びゆく大地

   伸びゆく大地 日本の

   拡がる街なみ 青い空

   集える仲間は それぞれに

   地域を支える 気概持つ

   願いをかたちに 変えるため

   商工会議所 青年部

   求めて我らは 立ち上がる

二  幾山河を

   幾山河を 越えていく

  道は果てなく 遠いけど

  夢追う気持ちは 忘れない

  人と人とが 語りあい

  心と心を 結ぶため

  商工会議所 青年部

  時代を我らは 先駆ける

三  自由の海の

   自由の海の 渚には

   世界の波が 打ち寄せる

   歴史の舵は いつの世も

   熱ある者が 取ってきた

   豊かな郷土を 築くため

   商工会議所 青年部

   明日に我らは 船出する

組織図

委員会紹介(スローガン・方針・事業計画)

総務委員会

スローガン 「エンパシー(empathy)」
方針 仲間と自分を同一視することなく、仲間の心情をくみ、思い合い大切にする。
事業計画
毎月 正副会議の設営
毎月 役員会設営・運営
毎月 委員会の開催
4月 総会の設営・運営
11月 臨時総会の設営・運営
12月 OB合同例会の開催
会員内での慶弔連絡等/名刺作成/新入会員へのAT講習/会員拡大への協力
各委員会事業への参加・協力/県連事業等への参加・協力

研修委員会

スローガン 「みんなでONE UP!!」
方針 YEG活動を通じてメンバーの意識や行動のレベルを上げ、自社の経営やメンバー自身の成長に繋がる。
事業計画
毎月 委員会の開催
6月 YEGメンバー向けの研修事業
10月 関東ブロック大会への参加を絡めた研修事業
11月 にぎわい爆発国際大道芸
3月 若手経営者塾


新入会員へのAT講習/会員拡大への協力/各委員会事業への参加・協力
県連事業等への参加・協力

企画委員会

スローガン 「結束!さらなるプッシュアップ!!」
方針 今までの事業の更なる見直し、そして、より会員企業への影響のある
YEG活動を企画運営し地域が発展する事業を発信する。
事業計画
毎月 委員会の開催
8月 あつぎ鮎まつり「DanceLegend(ダンスレジェンド)」企画・運営
12月 厚木市内高校 企業と生徒との意見交換会(予定)
1月 新年会企画・運営
3月 厚木市内高校 就職生向け模擬面接会(予定)
新入会員へのAT講習/各委員会事業への参加・協力
県連、その他出向事業への参加・協力

広報・渉外委員会

スローガン 「Bang!Bang!衝撃と絆を未来に。」
方針 広報面では組織力及び事業力を含め「厚木YEGここにあり」と衝撃を
広めます。渉外面では神奈川青連や関東ブロック、日本YEGの事業へ
率先して参加・渉外活動の実施を行い、出向メンバーの支援等も含め
単会との橋渡し役を担います。
事業計画
毎月 委員会の開催
9月 定例会 各種団体との交流を実施
10月 定例会 秦野YEG合同例会の実施
2月 2020年全国大会への参加及び渉外活動の実施

会員拡大/新入会員へのAT講習/各委員会事業への参加・協力/情報の拡散

歴代会長紹介

高田 義介75

平成31年度は『平成』と言う時代が終わり新しい時代が来ます。
その新しい時代は今よりもいい時代になると信じていますが、我々中小企業を取り巻く環境はまだまだ厳しいと言わざるを得ません。慢性的な人手不足、消費税の増税・・・など上げればキリがありません。
そんな厳しい時代の転換期に求められることはなんだろうと考えた時に私なりに出した答えが2つあります。

1つ目は会員相互が一致団結し協力しあう事。

4月現在青年部の会員は約80名。20代~40代の多種多様な業種のメンバーがおりますが、80名ほどしかいないメンバーなのに誰が何をやっているのか分からないという方もおり青年部内で付き合う仲間も偏ってしまっている現状があります。それではせっかく入会したのに仲間もなかなか増えることもありませんしビジネスチャンスも逃してしまっているのではないかと思い、その年齢も職種も違う人たちが協力しあい仲間となる事で自社の発展の力になったり、問題の解決に繋がったり、新しいビジネスが生まれたりといろいろな化学反応が生まれるのではないかと思っております。そしてメンバーが同じ目的を持って活動することでどんな困難でも乗り越えていける絆が生まれてくるのではないかと思います。

そこで今年度の厚木商工会議所青年部のスローガンを『一致団結』としました。


2つ目は商工会議所をもっと上手く活用する事。

商工会議所は中小企業に寄与するために作られた組織です。いろいろな助成金や経営支援、うまく活用すれば自社企業にとってとてもメリットのあるものです。しかしながら青年部会員でさえよく分からないというのが大半でした。そこで今年度は今まで以上に自己研鑽できる場を増やし、会員のスキルアップに繋げて行きます。そして地域にもっと情報発信をできるようにして地域貢献をしながら商工会議所ならびに青年部を沢山の方に知ってもらい会員拡大につなげ商工会議所をうまく活用してもらえるような体制を作ります。この時代の転換期に厚木商工会議所青年部も大きく転換していきます。
今後の厚木商工会議所青年部の活躍にご期待下さい。

第18代会長 高田 義介

厚木商工会議所青年部入会について